上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
魔法科高校の劣等生 19話
このアニメのつまらなさの正体が分かった、説明が足りないんだ、圧倒的に

説明しなくっても直感的に分かるようなことをしておらず、説明をするには尺が足りなさ過ぎる。

ぶっちゃけて言うとアニメに向かない作品なんだこれ。もしくはアニメにする配分が間違っている

9校編までを2クール・・・じゃ足りないかな~入学編だけで2クールでやれば説明だらけになりそうだけどよく分からん状態で話進まなかったかも

原作既読前提のアニメ化、もしくは原作宣伝用のアニメ化って所だなこれ

話が進むほどにつまらなくなっている気がする

以下実況風
なるほどわからん>賢者の石のくだり

なぜそのテーマw>さっきお兄様が言っていたテーマの論文を書こうとしている先輩

スポンサーサイト
2014.08.10 Sun l アニメ l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiro1134.blog65.fc2.com/tb.php/3890-65ab716f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
魔法科高校の劣等生の第19話を見ました。 第19話 横浜騒乱編I 秋になり3年生が引退したことで深雪が生徒会副会長となる中、達也は「賢者の石」の性質と製法を調べており、「魔法式の保存」の可能性と「重力制御魔法による核融合の維持」への応用に興味を持っていた。 魔法幾何学準備室に呼び出された達也は鈴音の推薦によって「論文コンペ」へ参加して欲しいと頼まれる。 鈴音の研究テー...
2014.08.10 Sun l MAGI☆の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。