上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
魔法科高校の劣等生 3話
今日は兄貴無双の回でしたw

簡単な術と強力な察知能力、無敵の体術が組み合わさって魔術が使えるってだけで調子に乗ってる相手をボコボコにする

この話の基本パターンがこれで見えて気がします

あれで勝てない相手は次は覚えてろよ的な捨て台詞を吐いて負けを認められないんだろうなぁw

以下実況風
忍術万能だなぁ>瞬間移動は忍術

インチキイカサマって言いださないんだな>委員長の言葉を信じて実力を評価して態度を和らげる

これいいなぁ>恥じる妹、無表情で見つめる兄

この辺は仕方ないか>実力を疑問視しているやつもいる
スポンサーサイト
2014.04.20 Sun l アニメ l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiro1134.blog65.fc2.com/tb.php/3679-c61e4fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
魔法科高校の劣等生の第3話を見ました。 第3話 入学編III 模擬戦の開始の号令と共に瞬時に動いて範蔵を気絶させた達也は摩利に声をかけられる。 「待て。今の動きは自己加速術式を予め展開していたのか?」 「魔法ではありません。正真正銘、身体的な技術です」 「兄は忍術使いで九重八雲先生の指導を受けているのです」 目を覚ました範蔵は深雪に目が曇っていると言ったことを謝り...
2014.04.20 Sun l MAGI☆の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。